> 検索
カテゴリ:CALTURE&ART( 8 )
芸術の秋、それとも・・・
b0023934_14104178.jpg
『牛乳を注ぐ女』

先日、国立新美術館へフェルメールの名画を見てきました。

More・・・続きを見る
[PR]
by piaje03 | 2007-11-01 14:01 | CALTURE&ART
大湯浩之・木工のしごと展
b0023934_0471034.jpg
大湯浩之さんの木工作品展やっています。

ダイニングテーブル、ワーキングデスク、スツール、ベンチやお馴染みの可愛らしいスプーン、小物のお皿なども多数出展されてます。

人気ブログランキング←ポチッとヨロシク♪

 

もっと見る・・・
[PR]
by piaje03 | 2007-05-13 00:46 | CALTURE&ART
写真展&PCの調子
b0023934_11115941.jpg
写真展に行ってきました。
その日にすぐアップする予定でしたが、金曜日からPCの調子が悪くなってから2日間ほどインターネットに接続出来なくなってしまいました(TωT)ブヒー

何が原因かは不明。たぶんいろいろいじくりまわした(?)所為か・・・
とりあえず今はつながっているので記事を書きますが、今後が不安(・_・;)

まあ、その時はその時でしばらく休止となるかもです。

ブログ仲間mummyさんのお写真が展示されているので、さっそく渋谷、ギャラリー・ルデコへ足を運びました。
PCの調子が悪い、従って開けないファイルもあるので、動くうちにと一括して写真を1枚にまとめてしまいました。小さくて全然わかりませんね(-_-;)
でも、皆さんの力作がとても素晴らしく、たくさん刺激をもらって帰りました~♪
お写真お好きな方、今日の5時までだそうですがオススメです。

ふふ、ルビィもお供に連れて行きました。まあ、バッグの中で大人しくしてくれていたので良かったです。でも、最後の方はちょっと歩きたがってたけど(笑)

人気ブログランキング←ポチッとヨロシク♪

[PR]
by piaje03 | 2007-02-18 11:12 | CALTURE&ART
デザイン・フェスタ
b0023934_0194680.jpg
東京ビッグサイトで開催されている、アジア最大級アートイベント「デザイン・フェスタ」に出かけてきました。
目当ては豆本づくりでお世話になったsaorinさんのgreen freak marketのブース。




More・・・もっと見る
[PR]
by piaje03 | 2006-12-02 22:36 | CALTURE&ART
渡部さとる写真展
b0023934_1134786.jpg
江古田で開催されている渡部さとる写真展「da.gasitaの夏」に行ってきました。最寄の駅、沼袋って一体どこだ~(・_・?)という感じだったのですが、普段足を延ばす場所とは一味も二味も違ってところどころにレトロな面影が残る不思議な街。駅から商店街を抜け7、8分ほど歩いて住宅街に入ります。ウロウロしていると、ありました~!大きな1本の木の陰にツタのからまるまたまた雰囲気のある建物が・・・




どんな様子?
[PR]
by piaje03 | 2006-10-04 23:59 | CALTURE&ART
ハイテクパフォーマンス
b0023934_1320758.jpg
「ブラスト 2:MIX 」を有楽町の国際フォーラムで観てきました。



ブラストって?
[PR]
by piaje03 | 2006-08-23 23:38 | CALTURE&ART | Comments(0)
Gallery OII(ギャラリー・オーツー)
b0023934_18401096.jpg
日曜日の昼下がり、Gallery OIIの大湯浩之さんの木工作品展に行ってきました。



素敵な木工の数々・・・
[PR]
by piaje03 | 2006-02-20 18:58 | CALTURE&ART | Comments(10)
ジンガロ
b0023934_11205353.jpg
昨晩、「ジンガロ」のプレビュー公演に行って来ました。
去年の暮れ知人のK氏から、「馬、馬が出るんですよ・・・」と電話口で面白いオペラがあるからとお誘いを受けたのがきっかけです。

えっ!?馬が出るの?   - そうです。
本物?            - はい、本物なんですよ~。

騎馬オペラという言葉自体聞きなれませんが、「ジンガロ」はパリの馬と人の織りなす極限の舞台芸術、サーカスでも演劇でもないまさに“スペクタクル”、というように全く新しいエンターテインメントとして謳われています。
また、このジンガロという一座を率いる座長バルバタスさんが凄いのです。彼の目差しているものは、馬と人間がともに作り上げる関係性だとか。
簡潔ですね。馬に対する愛情を超えた尊敬の念さえ感じられます。

馬の知能は人間にたとえると幼稚園児くらいだそうですが、愛情を持って調教することによってここまで素晴らしい表現力を身につけられるのでしょうか。

遥か昔私が子供の頃、馬が好きで乗馬服に憧れたこともありましたので、この日はわざわざ胸元に馬のブローチをつけてワクワクしながら会場に向かいました。馬好きの方、乗馬の経験のある方には涎ものです。

今回の公演作品「ルンタ-風の馬」はチベット仏教の世界観を表現しています。
お香の香りと特設テント会場に低く響くようなチベット僧達の読経と楽器。
馬達の見事な芸。卓越したバランス感覚。馬と人との共生。
私の拙い表現力ではあの興奮や感動を上手く伝えることは到底無理です。

'百聞は一見にしかず'
これはもう直接足を運んで実際に体感するしかありません!


※座長バルタバスが監督・脚本・台詞・出演の四役をつとめた興味深い映画『ジェリコー・マゼッパ伝説』では彼の磨き抜かれた華麗なる馬術が披露されているようです。
[PR]
by piaje03 | 2005-03-12 14:54 | CALTURE&ART | Comments(14)
   

ワンコのこと、写真、映画、何でも気ままに書き込みます♪
by piaje
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
> ブログパーツ
> ブログジャンル
> 画像一覧